新入職員、研修真っ只中です!!

平成28年度入団の私たちの新たな仲間21名が、3月2日より始まった研修で頑張っています。本日(3月16日)の午前中は、「排泄ケアについて」学びました。講師の話しにあったように、最初からは上手くできないかもしれないけど出来るだけ紙オムツの当て直しがないように丁寧さを心掛けましょうね。

みんな講師に集中!

感染予防のためのマスクを着用しながら頑張っています。みんなで実際に紙オムツを装着してみましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月の研修期間には、学校の卒業式やその練習等でお休みせざるを得ない人も出てきますが、今日は21名全員が揃いましたので『集合写真』を撮りました。かわいい後輩たちをご紹介しましょう。

まずは、お決まりの ”ピース” でパチリ。

21名の絆が深まるような ”❤” 。 アレレ・・・ハートが逆になっている人はいませんか・・・?

 

絶賛中の ”五郎丸ポーズ” も忘れていませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一定の研修が終わったら当法人内の全施設を巡る実習と続きます。同期のみんなと過ごせる1ヶ月間、絆を深める充実した日々にして欲しいと願います。
緊張した中で大変なことも多いと思うけど、健康に気を付けて・・・
頑張れーーー。\(^o^)/

あかりをつけましょぼんぼりに~ ♪

お雛様とお内裏様のかわいいお寿司でひなまつりをお祝いしたのは、くじゃくの家デイサービスセンター。お寿司は職員が愛情と時間をたっぷりかけて丁寧に作りましたよ。!(^^)!
通所者の皆さんは、” 食べるのがもったいない ” ” どこから食べようか ” と思案されつつも、頭から・・、足元から・・、と思い思いに美味しそうに召し上がっていただきました。

♪ お内裏さ~まとお雛様、ふ~たり並んですまし顔・・・。 >^_^<  かわい~ぃ❤

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の「ひな祭り御膳」です。

菱餅に見立てた3食重ねの寒天。安心して食べていただけますね。

 

 

 

 

 

 

 

しっかり眺めて・・・(^_^.)

お雛様のようなすまし顔

思いきって・・・ガブリ !

 

午後からは、レクリエーションや記念撮影で楽しまれ、白酒とひなあられで「ひな祭り」を満喫していただきました。

お雛様に ” カンパ~イ ” ・・・かな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の特別養護老人ホーム くじゃくの家 も賑やかでしたよ。

毎年恒例の「ひな祭り」の催しが始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに、お手製の雛飾りを作られました。

ゆっくり・・。

ていねいに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

立派に出来上がりました!(^^)!

入所者のお雛様とお内裏様は施設長

奥のお内裏様とお雛様も微笑んで入所者のお二人を見ていらっしゃるようですネッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お内裏様と、お雛様と、かわいいおばあちゃん。
いつもユニークな発言でみんなを楽しませて下さるおばあちゃんは御年100才ですヨ ❤❤

入所相談は「稲佐の森連携室へ」 ☎

稲佐山中腹にある高齢者多機能複合施設には、特別養護老人ホーム(2)、介護老人保健施設(2)、ケアハウス、グループホーム、診療所、デイサービス、デイケア等、総合的な福祉サービスの拠点を整備しております。この敷地内にある施設の入所に関する総合窓口は、「稲佐の森連携室」で受付けております。
”どこに電話したら良いから判りづらい。” ”代表の電話番号はないの?” など、これまで皆様方からいただいた声にお応えしていきたいと思っております。

これからは、鶴舞苑、鶴舞苑Ⅱ、シンフォニー稲佐の森、シンフォニー稲佐の森Ⅱ、ケアハウス稲佐の森など、これら施設に関する入所相談は、
862-1732 にご連絡下さい。 
”イ・ナ・サ・に” 
と覚えて下さいね。

サンライフで熟年祝賀会。

軽費老人ホームサンライフの熟年祝賀会が9月21日(月)に行われました。先ずは、恒例の写真撮影を4階バルコニーで行った後、職員手作りの御祝い膳で会食をしました。
その後、今回は、ゲストを迎えて「ミニライブ」をおおくりしました。ヽ(^o^)丿 ゲストは、長崎市の法人内の施設から施設長と介護職員2名で構成されたユニットです。サンライフの職員も有志でユニットを組み、その生演奏をバックに歌とダンスを披露しました。また、ゲストによるソロの弾き語りもあり、いつものプログラムとは異なる雰囲気に入所者の方も大変喜んでいらっしゃいました。

入所者の皆さんと施設長で”ハイ、キムチー!” 。 また来年も一緒に記念撮影しましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

施設長より、入所者の皆様へお祝いのご挨拶

 

 

喜寿を迎えられた入所者。これからもお元気でお過ごし下さい。♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾頭付きの鯛の焼き物と、大村寿司等々、美味しい食事にみ~んなで舌鼓。♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストは、長崎の施設より施設長と介護職員の2名による友情出演。生演奏をバックにノリノリで歌って踊るのはピンクレディーの名曲です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールに応えて、本日のゲスト再びの登場です。皆さんに喜んでいただけたようで長崎から来た甲斐もあり、良かったですね。 (*^_^*)

お元気な100歳にバンザ~イ❤

特別養護老人ホームくじゃくの家で、もうすぐ100歳をお迎えになる入所者の方に長崎県よりお祝いにお出でいただきました。大正5年1月13日生まれであと数ヶ月で100歳になられます。こちらの入所者は、数々の名言で周りのみんなを楽しませて下さるお元気でユニークなおばあちゃんで、くじゃくの家では最高齢者で一番のお姉さんです。
いくつかの名言をご紹介しましょう。
➀ 国体の炬火リレーの時、施設の前を走られるトーチリレーの走者を見て・・・
⇒ ” 車の通るようになった開通記念やろか? ”
➁ 1月の鬼火焚きの時、外気は寒いけど、火の周りにいて温かいのを感じて・・・
⇒  あったか、ひやかぁ~ ”
➂ 施設を訪問して下さったお相撲さんを見て・・・
⇒ ” サンタクロースより太かね~ ”
➃ 最近は100歳を目の前にして・・・
” 100歳のお祝い金を貰うまでは生きとかんば ”

長崎県からの100歳の表彰を受けられる入所者

深々と頭を下げてお受け取りになりました。

「100歳まで生かせていただいて有難うございます。」とお話しをされました。

息子さんご夫妻、お孫さんご夫妻、曾孫さん、くじゃくの家の施設長と、お祝いの記念撮影。

今度は、くじゃくの家のお仲間の皆さんと一緒に、お祝いの記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからもお元気で、楽しい名言をたくさん聴かせて下さいね。

楽しみにしておりまーす。 !(^^)!

敬老祝賀会に友情出演あり。

特別養護老人ホーム・デイサービスセンター「くじゃくの家」の敬老祝賀会が9月20日(日)に行われました。今年のプログラムは、同法人の長崎市内の施設から友情出演があり、特別養護老人ホーム鶴舞苑Ⅱ(かくぶえんツー)の施設長と、特別養護老人ホーム鶴舞苑(かくぶえん)・介護老人保健施設シンフォニー稲佐の森Ⅱ(いなさのもりツー)の介護職員2名、計3名で構成されたユニットです。このユニットと一緒に、くじゃくの家の施設長、相談員、介護職員も歌を披露しましたよ。ご利用者の応援もバッチリでしたね。

敬老を祝うプレゼントの包装には、ご利用者お一人お一人の写真入り。心を込めて詰めましたよ。♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏会が始まりました。トップバッターは、くじゃくの家の施設長! ”加山雄三さん” かと思いましたねぇ~。 >^_^<

♫ ” ふたりを~ 夕闇が~・・・” と、聞こえてきそうではないですか ? 素敵な歌声にご利用者もうっとり??

ヨッ! 施設長!!

次は、はるばる長崎からお出でになった出演者のために 「うちわ」 と 「バンダナ」を持って準備万端です。

 

友情出演の3人組ユニットは、ご利用者に馴染みのあるものを選曲して披露しました。

 

ギターリストの「布袋寅泰」を我が師と崇める、鶴舞苑Ⅱ(かくぶえん ツー)の施設長。

”どーも、どーもー” ”ささやかなアンコールをありがとうございまーーす!” と、衣装替えをし再び登場です。

「西野カナ」の♫「ダーリン」を唄うのは、デイサービスの介護職員。装いもバッチリですね。♡

 

次に相談員が唄うのは、「沢田研二」の♫「TOKIO」。TOKIOってこんな装いでしたっけ??? でも、楽しいからいいですねっ❤

お祝いにフラダンスをご披露して下さったのは、『プアナニ』 の皆様。ありがうございます。

最後は、やっぱり施設長!! 

バンダナをブルンブルン振り回して・・・、応援団も力が入ってましたヨ。みなさん、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特別養護老人ホームくじゃくの家」は、入所定員60名の施設です。
その中のお一人が白寿、お三方が米寿をお迎えになります。
現在の皆様の平均年齢は、
87.5歳で90歳以上が27名もいらっしゃいます。
これからも、お元気でお過ごしになりますように。<(_ _)>

敬老会でご長寿をお祝いしました

9月は、第2週の9日と第3週の14日の2週にわたり、サンライフデイサービスで敬老会を行いました。9日の食事は「天ぷら祝い膳」、14日は「寿司御膳」です。今回も、厨房職員とデイサービス職員が腕を振るった手作りです。催しは、1回目が、職員と入居者合同チーム ”やってみゅうで会” による「サンライフ版結婚式」です。脚本および演出は相談員によるもので、会場は大盛り上がりになりました。(写真が無くて申し訳ございません・・・)2回目は、川棚町から ”よってみゅう会” の皆様にお越しいただき「田舎の結婚式」を披露していただきました。方言で演じられる普段着の演技に、皆さん大爆笑でした。演劇鑑賞後には、皆さんでカラオケを楽しまれ、その後、施設長よりお祝いの品の贈呈の後、最後に記念撮影を行いました。

<敬老会:第1回目>

まずは、皆様のご長寿に ”カンパ~イ”

職員手作りの祝膳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


楽しく大笑いした後に・・・また、ニッコリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<敬老会:第2回目>

やっぱり今回も、皆様のご長寿に”カンパ~イ”

寿司御膳も美味しそうですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”よってみゅー会” による「田舎の結婚式」

大爆笑が続きます・・・ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇中の祝いの席です。観客も演者になり、大宴会場の設定です!

 

 

 

 

楽しい演劇鑑賞の後に・・・ハイ、チーズ!

 

 

 

これからも、皆様がお元気でお過ごしになりますよう、お祈り申し上げます。

「風さやかコンサート」で満員御礼。

風さやか氏は、熊本県ご出身の永遠の ”タカラジェンヌ” 。宝塚歌劇団 花組・雪組で活躍された後も各地でのコンサートのほか、現在もお住まいのある神戸市を中心に施設慰問などの活動を精力的に続けられており、平成18年には「神戸市文化活動功労賞」を受賞されています。
シンフォニー稲佐の森における「風さやかショー」も今回で4回目を数えることになり、待ちに待った風さやかさんの登場に、施設のご利用者や地域の方々300名余りで会場は満員御礼となりました。

 

前日、優勝を決めたソフトバンクのユニフォームを着用したイケメン職員二人が進行を務めました。

会場はショーの始まりを待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁー、いよいよ第一部の幕開けです。

風さやかさん、颯爽と登場です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は、300名余りの方々で超満員。 \(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2幕の始まりです。
我らが黄門様の操縦するスペシャルカーに乗車されて登場です。

黄門様に扮している職員は、毎年格好を変えてエスコート役を務めているのですよ。

 

 

お客様席の通路を歩きながら近くで歌をうたってくださり、皆さん"ドキドキ" ♡

 

黄門様も、風さやかさんと一緒に会場を回って人気者?です。

あちらこちらで、”パチリ” と写真撮影。

 

 

アラアラ!! 今度は、選ばれた職員たちで結成したスペシャルチームの5人組が、ヒラヒラ衣装を身に纏って登場です。

  

 

 

ちょっとお疲れ? の稲佐の森ダンサーズ、みんなで ”ハイ、チーズ!”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の方々、み~んなで一緒に歌えるコーナーです。

会場は薄暗くなり、壁面に投影された歌詞を見ながら ♪ 「里の秋」 を会場のみなさんと一緒に大合唱

 

寄り添っていっしょに・・・♡

つぎは、♪ 「ふるさと」

一人一人に語りかけるようにマイクを向けて下さいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーも終盤になり、いよいよ「宝塚メドレー」 のスタートです。♪♪

” カッコイーー❤ ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に裏方で本日のショーを支えて下さったお二人を ”そーっと” 、紹介しておきましょう。音響と照明の方々のおかげでショーアップが図られ、無くてはならない方々です。<m(__)m>

 

 

 

 

 

13時45分の開場した「風さやかショー」はアッという間に15時をまわり、今回も大盛況のうちに終了しました。風さやかさんのプロの技術はさることながら、お客様を楽しませようとして下さるプロ魂は、サービス業である私たちも見習うべきところです。
また、来年も「風さやかショー」の開催を、皆様とともにお待ち申し上げます。 

施設の中でも「お月見」 (*^_^*)

本日は、軽費老人ホーム サンライフ の職員が制作した9月らしい「お月見」の掲示物をご紹介いたしましょう。
入所者の皆さんも、エレベータ前の掲示板で季節を感じていらっしゃることでしょうネ。(*^_^*)
・・・作品と一緒に、作者もご紹介させていただきたかったのですが、”恥ずかしい” とNGでした。(>_<)

 

 

これからも腕を振るって、入所者の皆さんを楽しませて下さいね。