救護施設彦山の森 (長崎市)

彦山の森

施設の紹介

明治32年に遡るほど歴史が古く、長崎市により運営されていた当救護施設は、平成17年4月1日、当法人が移譲を受けました。長い間「みどり荘」の名称で親しまれてきた当施設は、移転新築を機に、名称も新たに「彦山の森」となり現在に至っています。
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森
  • 彦山の森

施設概要

施設の種類 救護施設
施設の名称 彦山の森
所在地 長崎市田手原町653-1 〒851-0252
開所年月日 平成17年4月1日(長崎市より移譲)
平成22年2月24日 移転新築
定員 50名
構造・規模 延床面積 1,969.02平方メートル
建物構造 鉄筋コンクリート造 3階建

施設のご案内

救護施設とは 身体や精神に障害がり、経済的な問題を含めて日常生活を送るのが困難な18歳以上の方々が、健康で安心して生活していただくための保護施設です。
入所資格 生活保護法に基づく施設で福祉事務所からの措置により利用者の受け入れを行うため、まずは、お近くの福祉事務所へお問合わせいただきご相談下さい。
TEL 095-824-1530

近隣の風景


  • 長崎県立美術館

  • 長崎港風景

  • 平和祈念像

  • 諏訪神社

アクセス